本文へジャンプ
レポート 〜 cueagent in The International Cue Collectors Show


Houston, Texas 2007

10月19日、20日に開催されましたキュー・コレクターズ・ショウ'07に参加してきました。


10月16日(火)
11時にマクウォーター邸を出発。彼のレクサスを借りてドライブです。彼はショウに出品するキューの仕上げに余念がありません。

13時にジナキューのショップに到着。事前にアポイントメントが必要ですが、彼は必ず時間を作ってくれます。今回、新たに私自身のキューをオーダーするために相談しに行きました。

14年間使ってきたキュー(ラスプーチンモデル)ですが、個人的な見解として、彼のキューはプレイキューとしてはメープル+ステンレスジョイントがベターということで、改めてレインボウをオーダーしました。

また、共通の趣味であるバイク(彼はハーレーでなくヤマハを好みます)の話に花が咲きました。私はホンダに乗っていますが・・・。先日亡くなったノリック・アベ(GPライダーの阿部典史さん)についても残念だと話していました。

「じゃ、ヒューストンで会おう」といって別れました。


ジナキューのショップを後にして、ビバリーヒルズのロデオドライブに土産を買いに寄ってから、ジェリーの家に戻りました。

夜はジャンの手作りの料理で夕食。その後、ジェリー、ジャンと近くのスティックス・ビリヤードへ繰り出しました。5年前にジェニファー・チェンとアイリーン・ピッピンが来ていた店です。「最近は全然玉を撞いていない」というジェリーとジャンですが、私のために玉屋に行ってくれた、ということのようです。

この夜もやはり眠れませんでした。比較的時差ぼけがない私なのですが、こんなにひどいのは初めてでした。




10月17日(水)
何も予定を入れていない日です。明け方に目が覚めて煙草をふかし、そのまま昼まで寝てしまいました。

昼に起きて煙草をふかしていると、ジャンが昼食を作ってくれました。ジェリーは完成したキューの写真を撮るために出掛けていました。

家の外の煙草が吸えるところでスクランブルエッグを食べ、コーヒーを飲んでいると、ジャンが横に座りました。それから日が暮れるまで話し込んでしまいました。考えてみれば、ジェリーよりジャンとおしゃべりしていた時間のほうが長かったような気がします。

その晩は、歩いていけるスシ・バーでみんなで夕食を摂りました。福岡から出てきたというマスターは5年前に私が顔を出したことを憶えていてくれて、二品をサービスしてくれました。

夕食の後、毎週水曜日にやっているというポーカーに三人で出掛けました。近所の友人宅に9人ほどが集まってゲームをやっていました。私は早々に負けてしまいましたが、面白かったです。


これでジャン、ライアン、アンディとさよならです。ちょっと、というか・・・かなり残念。
「今度は日本で会おうね」といって別れました。

アンディは日本へは来れないだろうなぁ。



続きへ